2008年08月08日

サルバドールの朝

サルバドールの朝フランコ政権末期のスペインを舞台に、不当な裁判によって死刑判決を受けた若きアナーキスト、サルバドールとその家族や友人の戦いを描く社会派ドラマ。
【公式サイト】

あらすじ:1970年代初頭、フランコ政権末期のスペインで、自由解放運動のグループに所属する25歳のサルバドールは、不慮の発砲により若い警部を死なせてしまう。彼は正当な裁判を受けられないまま死刑を宣告され、彼の家族や仲間、弁護士たちは何とか処刑を防ごうと手を尽くす…

キャスト・スタッフ
監督 マヌエル・ウエルガ
原作 フランセスク・エスクリバノ
音楽 ルイス・リャック
脚本 ユイス・アルカラーソ
ダニエル・ブリュール(サルバドール・ブッチ・アンティック)
トリスタン・ウヨア(オリオル・アラウ)
レオナルド・スバラグリア(ヘスス)
ホエル・ホアン(オリオル)
セルソ・ブガーリョ(サルバドールの父)
メルセデス・サンピエトロ(サルバドールの母)
イングリッド・ルビオ(マルガリーダ)
レオノール・ワトリング(クカ)
オラーヤ・エスクリバーノ(−)



banner_02.gif←1日1クリックの応援を、お願いします。<(_ _)>
posted by きら at 19:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画情報>さ行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。