2008年09月04日

羅生門

羅生門芥川龍之介の小説『薮の中』を黒澤明が映画化。第12回ヴェネチア映画祭のグランプリ、第24回アカデミー賞の名誉賞(外国語映画賞)を受賞した。脚本は黒澤と橋本忍、撮影は宮川一夫。出演は、三船敏郎、森雅之、京マチ子。

あらすじ:平安時代のとある薮の中。盗賊、多襄丸が昼寝をしていると、侍夫婦が通りかかった。妻に目を付けた多襄丸は、夫をだまして縛り上げ、夫の目の前で妻を強姦する。しばらく後、現場には夫の死体が残され、妻と盗賊の姿はなかった。--物語は、この殺人事件をめぐり、目撃者の杣売と旅法師、捕らえられた盗賊と侍の妻、それに巫女により呼び出された、死んだ侍の霊の証言により構成される。ところが事件の顛末は、証言者によってくい違い、結局どれが真実なのかわからない…

キャスト・スタッフ
監督 黒澤明
原作 芥川龍之介
音楽 早坂文雄
脚本 黒澤明 、橋本忍
三船敏郎(多襄丸)
京マチ子(真砂)
志村喬(杣売)
森雅之(金沢武弘)
千秋実(旅法師)
本間文子[女優](巫女)
上田吉二郎(下人)
加東大介(放免)



banner_02.gif←1日1クリックの応援を、お願いします。<(_ _)>
posted by きら at 16:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画情報>ら行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。