2008年09月04日

ミミック

ミミック伝子操作によって生み出された新生物の恐怖をSFサスペンス。監督は、メキシコ・アカデミー賞で9部門を受賞した長編第1作「クロノス」で注目を集めた新鋭ギレルモ・デル・トーロ。ドナルド・A・ウォルハイムの短編小説を基にデル・トーロと「ニューヨーク東8番街の軌跡」の監督マシュー・ロビンスが映画用ストーリーを作成、さらにふたりで脚本化した。

あらすじ:近未来のニューヨーク。ストリックラー病と呼ばれる死の伝染病が蔓延している近未来のニューヨーク、昆虫学者スーザンは、病原菌の媒介源の虫を殺す新たな遺伝子生物を生み出すことに成功、新生物を「ユダの血統」と名付けて学会に発表した。3年後、スーザンは自殺遺伝子で死んだはずの「ユダの血統」が地下鉄の奥で生きていることを知る。地下鉄の靴磨きマニーは行方不明になった孫の後を追い、地下鉄の奥へ…

キャスト・スタッフ
監督 ギレルモ・デル・トロ
原作 ドナルド・A・ウォルハイム
音楽 マルコ・ベルトラミ
脚本 マシュー・ロビンス 、ギレルモ・デル・トロ 、ジョン・セイルズ 、スティーヴン・ソダーバーグ 、マシュー・グリーンバーグ
ミラ・ソルヴィノ(スーザン・タイラー博士)
ジェレミー・ノーサム(ピーター・マン博士)
アレクサンダー・グッドウィン(チューイ)
ジャンカルロ・ジャンニーニ(マニー)
チャールズ・S・ダットン(レナード)
ジョシュ・ブローリン(ジョシュ)
アリックス・コロムゼイ(レミ)
F・マーレイ・エイブラハム(ゲイツ博士)
ジェームズ・コスタ(リッキー)
ノーマン・リーダス(ジェレミー)



banner_02.gif←1日1クリックの応援を、お願いします。<(_ _)>
posted by きら at 16:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画情報>ま行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。