2008年09月07日

機械じかけの小児病棟

機械じかけの小児病棟100年近い歴史を持つ小児病院を舞台にしたホラー映画。次々に起こる奇妙な超常現象から、子どもたちを必死で守ろうとする看護士の恐怖体験を描く。人気TVドラマ「アリーmyラブ」のキャリスタ・フロックハートが、気の強いナースを体当たりで演じている。監督は『ダークネス』などのスペインホラーの巨匠、ジャウマ・バラゲロ。薄暗い病棟でじわじわと看護士と子供たちを追い詰めていく手腕は必見。
【公式サイト】

あらすじ:イギリス、ワイト島のマーシー・フォールズ小児病院は老朽化のため閉鎖間近だった。その病院に派遣されてきた看護婦エイミーは、重い病に苦しむ子供たちが夜な夜な何かにおびえていることに不審を抱く。病院には、古くから「機械少女」と呼ばれる少女の幽霊が出るという噂があり、少女がかつて入院していた病室には鍵が掛けられ立ち入り禁止となっていた。やがてエイミーは過去の記録からかつて病院で起きたおぞましき惨劇を知る…

キャスト・スタッフ
ジャウマ・バラゲロ
製作総指揮 カルロス・フェルナンデス
音楽 ロケ・バニョス
脚本 ジャウマ・バラゲロ 、ホルディ・ガルセラン
キャリスタ・フロックハート(エイミー)
リチャード・ロクスバーグ(ロバート)
エレナ・アナヤ(ヘレン)
ジェマ・ジョーンズ(フォルダー)
ヤスミン・マーフィ(マギー)
コリン・マクファーレン(−)
マイケル・ペニングトン(−)



banner_02.gif←1日1クリックの応援を、お願いします。<(_ _)>
posted by きら at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画情報>か行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。