2008年09月07日

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 2-Disc・スペシャル・エディション孤高の海賊ジャック・スパロウを主人公にしたアクション・アドベンチャーのシリーズ第3作。カリブ海からアジア、そして“世界の果て”へと舞台を広げ、ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウ、オーランド・ブルーム演じる青年ウィル・ターナーらの活躍が描かれる。
【公式サイト】

あらすじ:今や海賊たちの自由な時代は終焉を迎えようとしていた。
ベケット卿はジェームズ・ノリントンが持ち帰ったデイヴィ・ジョーンズの心臓を入手し、彼とフライング・ダッチマン号を操り、世界中の海賊達を葬っていた。捕えられた人々は次々と処刑されていったが、その中で処刑台に立った1人の少年が銀貨を手にしながらある歌を歌った。その歌はやがて処刑場にいた死刑囚全員が合唱するまでに広がる。それは海賊たちに決起の時を伝える招集の歌だった…

キャスト・スタッフ
監督 ゴア・ヴァービンスキー
製作総指揮 マイク・ステンソン 、チャド・オマン 、ブルース・ヘンドリックス 、エリック・マクレオド
音楽 ハンス・ジマー
脚本 テッド・エリオット 、テリー・ロッシオ
ジョニー・デップ(キャプテン・ジャック・スパロウ)
オーランド・ブルーム(ウィル・ターナー)
キーラ・ナイトレイ(エリザベス・スワン)
ジェフリー・ラッシュ(キャプテン・バルボッサ)
ジョナサン・プライス(スワン総督)
ビル・ナイ(デイヴィ・ジョーンズ)
チョウ・ユンファ(キャプテン・サオ・フェン)
ステラン・スカルスガルド(ビル・ターナー)
ジャック・ダヴェンポート(ジェームズ・ノリントン)
トム・ホランダー(ベケット卿)
ナオミ・ハリス(ティア・ダルマ)
デヴィッド・スコフィールド(マーサー)
ケヴィン・R・マクナリー(ギブス航海士)
リー・アレンバーグ(ピンテル)
マッケンジー・クルック(ラゲッティ)
デヴィッド・ベイリー(コットン)
キース・リチャーズ(−)



banner_02.gif←1日1クリックの応援を、お願いします。<(_ _)>
posted by きら at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画情報>は行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。