2008年09月13日

アイ・アム・サム

I am Sam : アイ・アム・サム知的障害を負っている父親と、幼い娘の純粋な愛を描いた感動作。監督・製作・脚本は「コリーナ、コリーナ」のジェシー・ネルソン。撮影は「二番目に大切なこと」のエリオット・デイヴィス。音楽は「ラットレース」のジョン・パウエル。

あらすじ:スターバックスで働く7歳の知能しか持っていない中年男サムは、ホームレスの女性が出産した自分の娘、ルーシー・ダイアモンドと幸せに暮らしていた。しかし7歳になったルーシーはサムの知的能力を追い抜いてしまい、サムは父親として養育能力がないという判断をソーシャル・ワーカーに下されてしまう。ルーシーは施設で保護されることになり、サムは失意にくれる。彼は法廷で闘う決意を固め、エリート弁護士のリタに依頼。自分が社会奉仕の仕事もできることを見せつけるために弁護を引き受けたリタだった…

キャスト・スタッフ
監督 ジェシー・ネルソン
製作総指揮 マイケル・デ・ルカ 、クレア・ラドニック・ポルスタイン 、デヴィッド・ルービン
音楽 ジョン・パウエル
脚本 クリスティン・ジョンソン 、ジェシー・ネルソン
ショーン・ペン(サム・ドーソン)
ミシェル・ファイファー(リタ・ハリソン)
ダコタ・ファニング(ルーシー・ダイヤモンド・ドーソン)
ダイアン・ウィースト(アニー)
ロレッタ・ディヴァイン(マーガレット)
リチャード・シフ(ターナー)
ローラ・ダーン(ランディ)
ブラッド・アラン・シルヴァーマン(ブラッド)
ジョセフ・ローゼンバーグ(ジョー)
スタンリー・デサンティス(ロバート)
ダグ・ハッチソン(イフティ)



banner_02.gif←1日1クリックの応援を、お願いします。<(_ _)>
posted by きら at 18:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画情報>あ行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。