2008年09月17日

ラストサマー

ラストサマー『スクリーム』の脚本家、ケヴィン・ウィリアムソンによるショッキング・ホラー。謎の殺人鬼に狙われた若者たちの恐怖を描く。殺人鬼による数々の罠と殺戮シーン、そしてウィリアムソン得意の謎解きが見どころ。

あらすじ:7月4日の独立記念日の夜、ジュリーとレイ、ヘレンとバリーのふた組のカップルはヘレンが町のクィーン・コンテストで優勝したのを祝うため海岸までドライブをしていた。高校卒業後は4人ともこの小さな港町から出ていくつもりだった。帰り道で彼らの車は突然飛び出してきた男を轢いてしまう。動転した4人は男の死体を海に沈め、このことは黙っていようと誓う。1年後。あの事件の罪の意識にさいなまれジュリーの大学生活は陰鬱なものだった。帰省した彼女のもとに差出人不明の手紙が来る。そこには「去年の夏、お前たちが何をしたか知っている」とだけ書かれてあった…

キャスト・スタッフ
監督 ジム・ギレスピー
製作総指揮 ウィリアム・S・ビーズレイ
原作 ロイス・ダンカン
音楽 ジョン・デブニー
脚本 ケヴィン・ウィリアムソン
ジェニファー・ラヴ・ヒューイット(ジュリー)
サラ・ミシェル・ゲラー(ヘレン)
ライアン・フィリップ(バリー)
フレディ・プリンゼ・Jr(レイ)
ミューズ・ワトソン(ベンジャミン)
ブリジット・ウィルソン(エルサ)
ジョニー・ガレッキ(マックス)
アン・ヘッシュ(メリッサ)



banner_02.gif←1日1クリックの応援を、お願いします。<(_ _)>
posted by きら at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画情報>ら行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。