2008年09月24日

PLANET OF THE APES 猿の惑星

PLANET OF THE APES/猿の惑星 (ベストヒット・セレクション)猿が人間を支配する惑星の恐怖を描くSF。68年に作られた同名映画のリメイクならぬ"リ・イマジネーション(再創造)“。監督は「スリーピー・ホロウ」のティム・バートン。脚本は「キャスト・アウェイ」のウィリアム・ブロイルス・ジュニア。
【公式サイト】

あらすじ:2029年。宇宙飛行士レオ(マーク・ウォルバーグ)は、オベロン号に乗って交信普通となったチンパンジーのパイロット、ペリクルーズを捜しに宇宙へと飛び出していく。そして消息を絶ち、意識を失っていたレオが気づいたところは、人間たちが知性を持った猿に支配されている惑星。レオは地球に戻ることを願って、オベロン号を捜しはじめる。彼の勇敢な行動に、美女デイナ(エステラ・ウォーレン)ら人間たちはもとより、聡明なチンパンジーの女性アリ(ヘレナ・ボナム・カーター)ら少数の猿たちも惹かれ、行動を共にするようになった。そんな時、なんとペリクルーズがオベロン号に乗って現われる。彼はこの星の猿たちに、神として崇められていた…

キャスト・スタッフ
監督 ティム・バートン
製作総指揮 ラルフ・ウィンター
原作 ピエール・ブール
音楽 ダニー・エルフマン
脚本 ウィリアム・ブロイルズ・Jr 、ローレンス・コナー 、マーク・ローゼンタール
マーク・ウォールバーグ(レオ・デイヴィッドソン大尉)
ティム・ロス(セード)
ヘレナ・ボナム=カーター(アリ)
マイケル・クラーク・ダンカン(アター)
エステラ・ウォーレン(デイナ)
ポール・ジアマッティ(リンボー)
ケイリー=ヒロユキ・タガワ(クラル)
デヴィッド・ワーナー(サンダー)
リサ・マリー(ノヴァ)
エリック・エヴァリ(ティバル)
ルーク・エバール(バーン)
エヴァン・デクスター・パーク(ガナー)
グレン・シャディックス(ネード元老院議員)
クリス・クリストファーソン(カルービ)
チャールトン・ヘストン(セードの父)
マイケル・ワイズマン(−)



banner_02.gif←1日1クリックの応援を、お願いします。<(_ _)>
posted by きら at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画情報>は行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。