2008年09月27日

風の谷のナウシカ

風の谷のナウシカ宮崎駿オリジナルの原作漫画を映画化した劇場用アニメーション。地球壊滅後の近未来を舞台に、“腐海”と呼ばれる毒の森に生きる人々の闘いを描く。

あらすじ:腐海のほとりに、海からの風によって瘴気から守られている小国・風の谷があった。その族長ジルの娘ナウシカはメーヴェにのって鳥のように飛び、人々の嫌う巨大な蟲・王蟲と心をかよわせる自然との不思議な親和力を持っていた。ある夜、風の谷に巨大な輸送機が墜落し、翌日巨大な血管のかたまりのようなものが発見された。それは、「火の7日間」で世界を焼き尽くしたという兵器・巨神兵だった。ペジテ市の地下から掘り出され、それを奪い取った世界統一の野望を持つトルメキア王国が、輸送中墜落したのである。墜落を知ったトルメキアの皇女クシャナは、大編隊を風の谷に送り込んで来、ジルを殺しナウシカを人質として連れ去った…

キャスト・スタッフ
監督 宮崎駿
原作 宮崎駿
音楽 久石譲
脚本 宮崎駿
島本須美(ナウシカ)
辻村真人(ジル)
京田尚子(大ババ)
納谷悟朗(ユパ)
永井一郎(ミト)
宮内幸平(ゴル)
八奈見乗児(ギックリ)
矢田稔(ニガ)
吉田理保子(少女C/トエト)
菅谷政子(少女A)
貴家堂子(少女B)
坂本千夏(少年A)
TARAKO(少年B)
松田洋治(アスベル)
冨永みーな(ラステル)
寺田誠(ペジテ市長)
坪井章子(ラステルの母)
榊原良子(クシャナ)
家弓家正(クロトワ)
水鳥鉄夫(コマンドA)
中村武己(ペジテ市民)
太田貴子(ペジテの少女)
島田敏(ペジテ市民)
野村信次(トルメキア兵)
鮎原久子(少年)
大塚芳忠(トルメキア兵)



banner_02.gif←1日1クリックの応援を、お願いします。<(_ _)>
posted by きら at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ映画情報>か行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。