2008年10月05日

プリティ・ウーマン

プリティ・ウーマン 特別版シンデレラ・ストーリーの王道、「マイ・フェア・レディ」の現代版として、女性たちに絶大な人気を誇り、見事、90年全米興行第一位となった作品。

あらすじ:企業買収を繰り返す実業界の一匹狼エドワード・ルイス。ふとした言葉の行き違いから恋人と別れた夜、ハリウッドの路上で道案内を頼んだストリート・ガール、ビビアン・ウォードを気まぐれ半分で高級ホテルの自分の部屋に呼ぶ。ビビアンにとってそれは見たこともないような眩い世界であった。そしてエドワードにとっても無邪気さの中に知性を隠し持つビビアンとの出会いは新鮮なものだった。翌朝、エドワードはビビアンに1週間の間、自分のアシスタントとしてそばにいてくれと頼む…

キャスト・スタッフ
監督 ゲイリー・マーシャル
製作総指揮 ローラ・ジスキン
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
脚本 J・F・ロートン
リチャード・ギア(エドワード)
ジュリア・ロバーツ(ビビアン)
ラルフ・ベラミー(モース)
ジェイソン・アレクサンダー(弁護士スタッキー)
ヘクター・エリゾンド(バーニー)
エリノア・ドナヒュー(−)



banner_02.gif←1日1クリックの応援を、お願いします。<(_ _)>
posted by きら at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画情報>は行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。