2008年10月07日

インデペンデンス・デイ

インデペンデンス・デイ地球を侵略せんとする異星人と人類の3日間の攻防を描き、世界各地で大ヒットしたSFパニック超大作。ミニチュア・ワークをはじめとする伝統的な手法と最新のデジタル技術を組み合わせたSFXを駆使し、数千人のエキストラを動員したスペクタクル場面の迫力が圧巻。

あらすじ:ホワイトハウスのホイットモア大統領は、国防総省参謀本部長グレイ将軍らと異常な巨大物体接近の報告を受ける。物体は異星人の宇宙空母であることが判明、数時間後には十数隻の宇宙船が大気圏に突入した。N.Y.では天才的なコンピューター技師のデイヴィッドが、宇宙船から発信される電波にあるパターンがあり、一種のカウントダウンの役目をしていることに気づく。シルヴァーレイクでは5歳のディランが宇宙船を発見、ダンサーの母ジャスミンに知らせた。彼女は恋人で休暇中の空軍パイロットのヒラー大尉と一緒にいたが、彼はエドワード空軍基地に戻った。L.A.郊外では17歳のミゲルが糖尿病の11歳の弟トロイの世話をしていた…

キャスト・スタッフ
監督 ローランド・エメリッヒ
製作総指揮 ローランド・エメリッヒ 、ウテ・エメリッヒ 、ウィリアム・フェイ
音楽 デヴィッド・アーノルド
脚本 ディーン・デヴリン 、ローランド・エメリッヒ
ウィル・スミス(スティーヴン・ヒラー大尉)
ビル・プルマン(トーマス・J・ホイットモア大統領)
ジェフ・ゴールドブラム(デヴィッド・レヴィンソン)
メアリー・マクドネル(マリリン・ホイットモア大統領夫人)
ジャド・ハーシュ(ジュリアス・レヴィンソン)
ロバート・ロジア(ウィリアム・グレイ将軍)
ランディ・クエイド(ラッセル・ケイス)
マーガレット・コリン(コンスタンス・スパーノ)
ブレント・スピナー(ブラキッシュ・オークン博士)
ヴィヴィカ・フォックス(ジャスミン・ダブロウ・ヒラー)
ハリー・コニック・Jr(ジミー・ワイルダー大尉)
ジェームズ・レブホーン(アルバート・ニムジッキ)
ハーヴェイ・ファイアスタイン(マーティ・ギルバート)
ジェームズ・デュヴァル(ミゲル・ケイス)
リサ・ジャクブ(アリシア・ケイス)
アダム・ボールドウィン(ミッチェル少佐)



banner_02.gif←1日1クリックの応援を、お願いします。<(_ _)>
posted by きら at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画情報>あ行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。