2008年10月09日

羊たちの沈黙

羊たちの沈黙〈特別編〉FBIアカデミーの若き女性訓練生が、精神病院に監禁中の天才精神科医の遠隔捜査を受け、連続誘拐殺人事件の解明に挑むという、複眼的視点をもつサイコ・スリラー。

あらすじ:FBIアカデミーの訓練生クラリスは、若い女性の皮を剥いで死体を川に流す連続殺人死バッファロー・ビルの捜査に手詰まりを感じたFBI上司ジャックの密命を帯び、州立の精神病院を訪れる。それは、患者を9人も殺してそこに隔離される食人嗜好の天才精神科医ハンニバル・レクター博士に、バッファロー・ビルの心理を読み解いてもらうためだった。初めはレクターの明晰さに同居する薄気味悪さにたじろいだクラリスも、自分への相手の興味を利用し、自分の過去を語るのとひきかえに、事件捜査の手掛かりを博士から少しずつではあったが、抽き出すことに成功するようになる。曰く、犯人は自分がかつて手がけた一患者を想わせる、犯人は2階建ての家を持っている、最初に殺害された女の身辺に手掛かりはないか・…

キャスト・スタッフ
監督 ジョナサン・デミ
製作総指揮 ゲイリー・ゲッツマン
原作 トマス・ハリス
音楽 ハワード・ショア
脚本 テッド・タリー
ジョディ・フォスター(クラリス・スターリング)
アンソニー・ホプキンス(ハンニバル・レクター)
スコット・グレン(クロフォード主任捜査官)
テッド・レヴィン(バッファロー・ビル)
アンソニー・ヒールド(チルトン医師)
ケイシー・レモンズ(マップ)
ダイアン・ベイカー(マーティン上院議員)
ブルック・スミス(キャサリン・マーティン)
フランキー・R・フェイソン(バーニー)
ロジャー・コーマン(FBI長官)
チャールズ・ネイピア(ボイル警部補)
ジョージ・A・ロメロ(FBI捜査官)



banner_02.gif←1日1クリックの応援を、お願いします。<(_ _)>
posted by きら at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画情報>は行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。