2008年10月12日

解夏

解夏 スタンダード・エディション突然の病(失明)の恐怖を前に、一度は別れることになりながら、一緒に生きることを誓った恋人達の心温まる物語。原作はさだまさし。

あらすじ:「ベーチェット病」と言う難病に冒され、やがて失明すると宣告された小学校教師の隆之。将来を憂い職を辞した彼は、結婚を約束した恋人で教育心理学を学ぶ陽子にも黙って故郷・長崎へ帰るが、それを知った陽子は彼を追って長崎に来てしまう。彼女の負担になってはと別れを切り出す隆之に対し、長崎に留まると言ってきかない陽子。結局、彼女は彼の実家に滞在し、論文を書きながら、徐々に視力を失っていく彼との日々を過ごすようになる。そんなある日、立ち寄った聖福寺でふたりは林と言う老僧と出会い、禅寺の修行僧の生活になぞらえて、失明するまでの期間の恐怖に堪えることは隆之にとっての「行」であり、その辛い行を経て失明した瞬間に恐怖から解放される日が彼の『解夏』である、という話を聞かされる…

キャスト・スタッフ
監督 磯村一路
原作 さだまさし
音楽 渡辺俊幸
脚本 磯村一路
大沢たかお(高野隆之)
石田ゆり子(朝村陽子)
富司純子(高野聡子)
林隆三(朝村健吉)
田辺誠一(松尾輝彦)
古田新太(清水博信)
柄本明(黒田寿夫)
松村達雄(林茂太郎)

banner_02.gif←1日1クリックの応援を、お願いします。<(_ _)>
posted by きら at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画情報>か行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。