2008年10月19日

CASSHERN(キャシャーン)

CASSHERN 70年代に人気を博したタツノコプロの名作アニメを、製作費6億円をかけて実写映画化。“新造人間”として蘇った孤高のヒーロー、キャシャーンこと東鉄也が壮絶な戦いを繰り広げる。
【公式サイト】

あらすじ:50年続いた大戦に勝利した大亜細亜聯邦共和國。ところが、その繁栄の裏側では様々な病気が人類を脅かしていた。そんな中、重い病に苦しむ妻・ミドリの為に、人間のあらゆる部位を自在に造り出す“新造細胞""理論を提唱していた東博士は、軍部の援助により本格的に研究を開始するが、実験場から新生命体“新造人間""が誕生。大多数は軍によって始末されるも、生き延びたブライキング・ボスら数名の新造人間たちは、生きる為に容易に戦いの道を選んでしまう人類の世界を破壊しようと、攻撃を仕掛けて来た。再びの戦火。それを収めるべく立ち上がったのは、先の大戦で戦死し、新造細胞によって蘇生した東博士の息子・鉄也だった…

キャスト・スタッフ
監督 紀里谷和明
原作 竜の子プロダクション
脚本 紀里谷和明 、菅正太郎 、佐藤大
伊勢谷友介(東鉄也/キャシャーン)
麻生久美子(上月ルナ)
寺尾聰(東博士)
樋口可南子(東ミドリ)
小日向文世(上月博士)
宮迫博之(アクボーン)
佐田真由美(サグレー)
要潤(バラシン)
西島秀俊(上条中佐)
及川光博(内藤薫)
寺島進(坂本)
大滝秀治(上条将軍)
三橋達也(老医師)
唐沢寿明(ブライ)



banner_02.gif←1日1クリックの応援を、お願いします。<(_ _)>
posted by きら at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画情報>か行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。