2008年10月30日

憑神(つきがみ)

憑神激動の幕末を舞台に、しがない下級武士が3人の災いの神様に取り憑かれて奮闘する姿を描いた時代劇ドラマ。
【公式サイト】

あらすじ:うだつのあがらない下級武士の別所彦四郎は、婿養子に行った先から離縁され、兄夫婦の家に居候という、肩身の狭い思いをしていた。あるとき彦四郎は、旧友、榎本武揚と再会する。そば屋の親父が言うには、榎本が出世したのは、向島にある「三囲り稲荷」にお参りしたからだという。その帰り道、酔った彦四郎は「三巡り稲荷」を発見。ここぞとばかりに神頼みする彦四郎だったが、それは「みめぐり」違いで、災いを呼び寄せるお稲荷様だった…

キャスト・スタッフ
監督 降旗康男
原作 浅田次郎
音楽 めいなCo.
脚本 降旗康男 、小久保利己 、土屋保文
妻夫木聡(別所彦四郎)
夏木マリ(別所イト)
佐々木蔵之介(別所左兵衛)
鈴木砂羽(別所千代)
森迫永依(おつや(死神))
笛木優子(井上八重)
佐藤隆太(小文吾)
赤井英和(九頭龍(疫病神))
香川照之(甚平)
西田敏行(伊勢屋(貧乏神))
江口洋介(勝海舟)

banner_02.gif←1日1クリックの応援を、お願いします。<(_ _)>
posted by きら at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画情報>た行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。