2008年11月04日

さよならみどりちゃん

さよならみどりちゃん南Q太の同名人気コミックを、『まぶだち』『ロボコン』などの青春映画を得意とする古厩智之監督が映画化した、人を愛することのせつなさを描いた恋愛映画。

あらすじ:ひとりでいるのが好きなOLのゆうこは、ユタカのことが好きだった。初めてユタカとセックスした日、ゆうこは、ユタカに“みどりちゃん""という彼女がいることを知った。電話番号さえ知らなく、人に紹介される時に恋人じゃないと言われるゆうこ。ユタカにすすめられるままスナックでバイトを始め、OLとの二重生活はつらい。ユタカのバイトの後輩で若くて胸が大きい真希は、ユタカの彼女になりたがっている。可愛いけど、どこか頼りない太郎は、「ゆうこさん、好き」と言ってくれたが。真希だけではなく、ちゃらんぽらんでイイ加減なユタカの回りには、女の影がちらちらしていた。でも、ユタカは、なぜか必ずゆうこのところへ戻ってくる…

キャスト・スタッフ
監督 古厩智之
製作総指揮 高西伸兒 、藤賀幹生 、鈴木径男 、吉田博昭 、千葉広二 、飴井保雄
原作 南Q太
音楽 遠藤浩二
脚本 渡辺千穂
星野真里(ゆうこ)
西島秀俊(ユタカ)
松尾敏伸(太郎)
岩佐真悠子(真希)
佐藤二朗(−)
おかやまはじめ(−)
綾貴士(−)
諏訪太朗(−)
藤沢大悟(−)
中村愛美(−)



banner_02.gif←1日1クリックの応援を、お願いします。<(_ _)>
posted by きら at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画情報>さ行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。