2008年11月08日

デビルマン

デビルマン神と悪魔の闘いを描いた日本漫画の傑作、永井豪の「デビルマン」を映画化したファンタジー・エンターテインメント。実写とCGの見事な融合で神、悪魔、人間の闘いがリアルに描かれる。
【公式サイト】

あらすじ:4年前に両親を事故で亡くし、クラスメイトの美樹の家に引き取られた高校生の不動明。ある日、無二の親友である了の父・飛鳥博士が研究中に誤って覚醒させてしまった邪悪な生命体「デーモン」に体を乗っ取られながらも、完全に支配された了とは違い、人間の心を残した“デビルマン""となった彼は、それを運命として受け入れ、人類殲滅を画策するデーモン族と戦うことを決意する。だが、人間社会に入り込み増殖を続けるデーモンを恐れた人間たちは、デーモン狩りを決行。疑わしい者を次々に処刑し、やがてそれは国家間の戦争にまで発展することとなり、図らずも滅びの道を自ら歩み出すのであった…

キャスト・スタッフ
監督 那須博之
製作総指揮 泊懋
原作 永井豪
脚本 那須真知子
伊崎央登(不動明/デビルマン)
伊崎右典(飛鳥了/サタン)
酒井彩名(牧村美樹)
渋谷飛鳥(ミーコ)
宇崎竜童(牧村啓介)
阿木燿子(牧村恵美)
冨永愛(シレーヌ)
ボブ・サップ(ニュースキャスター)



banner_02.gif←1日1クリックの応援を、お願いします。<(_ _)>
posted by きら at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画情報>た行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。