2008年11月12日

天使がくれたもの

天使がくれたもの女子中高生に絶大な支持を集めたケータイ小説を映画化した青春ラブ・ストーリー。互いに愛し合いながらも素直になれずすれ違いを繰り返す高校生2人の切ない恋模様を綴る。
【公式サイト】

あらすじ:大阪市のある私立高校に入学した日向舞は、そこで同い年で岸和田市に住む本田美衣子に出会う。入学時の宿泊研修で親友となった二人。その後、舞は美衣子に誘われて岸和田のマンションにあるたまり場に行くことに。そこにいたのが、香久山聖、通称カグだった。最悪の出会いをした舞とカグ。その後、舞は美衣子の元彼氏であるテルオと付き合ってしまう。テルオの関係を知ってしまった舞は落ち込むが、彼女を支えてくれたのがカグだった。舞はカグに恋するようになるが、彼は自殺した父の借金を返すため白浜へ行ってしまう。舞は三ヶ月の間、カグを待とうと決意するが、たまり場の友達の間での騒ぎの際、カグは自分の電話にだけは出てくれず、彼に思われていないと悟り、ショックを受ける…

キャスト・スタッフ
監督 中田信一郎
原作 Chaco
脚本 我妻正義
清水由紀(日向舞)
鍵本輝(香久山聖)
徳永えり(本田美衣子)
宮下雄也(テルオ)
滝裕可里(木村幹)
兼子和大(拓馬)
川村亮介(実)
亜衣(雪奈)
瀬戸康史(葉山勇心)
杉内貴(快)
奈津子(亜沙美)
東ちづる(友子役)



banner_02.gif←1日1クリックの応援を、お願いします。<(_ _)>
posted by きら at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画情報>た行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。