2008年11月18日

おもひでぽろぽろ

おもひでぽろぽろ岡本蛍作、刀根夕子画による同名コミックをもとにした劇場用長編アニメーション。自分の少女時代を振り返りながら、精神的に自立してゆく平凡なOLの姿を描く。

あらすじ:一九八二年夏。会社から10日間の休暇をもらったタエ子は姉のナナ子の亭主の実家である山形の片田舎・高瀬へ旅をする。東京生まれの東京育ちだったタエ子には、小学校5年生の時、田舎がなくてとてもさみしい思いをした記憶があった。それが姉の結婚によって自分にも田舎が持てたのだった。そんな旅の途中にふとそのころの数々の出来事を思い出すタエ子。そして、彼女は小学校5年生の自分を連れたまま高瀬に到着した。明け方に着いたタエ子を駅まで迎えに来ていたのは、親せきの青年トシオだった。年はタエ子より2歳下だったが、頼りになる好青年で、彼によってタエ子はいろんな田舎の表情を知る。そして自然と調和しながら生きている農家の人々の姿に、タエ子は地に足の着いた生活の魅力を発見するのだった…

キャスト・スタッフ
監督 高畑勲
原作 岡本螢 、刀根夕子
音楽 星勝
脚本 高畑勲
今井美樹(タエ子)
柳葉敏郎(トシオ)
本名陽子(タエ子(小5))
寺田路恵(母)
伊藤正博(父)
山下容里枝(ナナ子)
三野輪有紀(ヤエ子)
飯塚雅弓(ツネ子)
押谷芽衣(アイ子)
小峰めぐみ(トコ)
滝沢幸代(リエ)
石川匡(スー)
増田裕生(広田)
佐藤広純(あべくん)
後藤弘司(カズオ)
石川幸子(キヨ子)
渡辺昌子(ナオ子)
伊藤シン(ばっちゃ)
仙道孝子(トシオの母)
古林嘉弘(駅員)



banner_02.gif←1日1クリックの応援を、お願いします。<(_ _)>
posted by きら at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ映画情報>あ行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。