2008年11月23日

少林寺

「少林寺」 アルティメット・エディションいまだにアジア映画としては歴代1位の記録を持つ本格格闘スペクタクル。動乱期の中国を舞台に、少林寺一派が悪辣な将軍一味を叩きのめすというストーリーと、武術シーンの面白さが、ブルース・リーともジャッキー・チェンとも違う、リアルな迫力を追求した作品。

あらすじ:隋の末期、中国ではワン将軍とリー将軍が激しく対立していたが、崇山の麓にある少林寺は聖地として人々に尊敬と畏怖の念を持ってあがめられていた。そんなある日、一人の少年・小虎が少林寺の門前に半死半生で転がりこんできた。そして小虎は少林僧たちの手厚い看護でみるみる元気を取り戻していった。彼は黄河ほとりに砦を築き、多くの人々を奴隷のように扱うワン将軍によって父を殺され、やっとのことで逃げてきたのだった。元気となった小虎は寺男として働く一方、曇宗和尚に拳法の教えを願い出たが、それには正式な僧にならねばならない掟があった…

キャスト・スタッフ
監督 チャン・シン・イェン
音楽 フアン・リー・ピン
脚本 シー・ホウ 、ルー・シャウ・チャン
リー・リンチェイ(小虎)
フー・チェンチャン(−)
ティン・ナン(−)
ユエ・チェンウェイ(−)



banner_02.gif←1日1クリックの応援を、お願いします。<(_ _)>
posted by きら at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画情報>さ行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。