2008年11月28日

それでもボクはやってない

それでもボクはやってない スタンダード・エディション『Shall We ダンス?』の周防正行監督が、11年ぶりにメガホンを取った本格的な社会派ドラマ。電車で痴漢に間違えられた青年が、“裁判”で自分の無実を訴える姿を、日本の裁判制度の問題点を浮き彫りにしつつ描く。
【公式サイト】

あらすじ:大事な就職の面接を控えた日の朝、大勢の通勤客に混じって満員電車から駅のホームへ吐き出されたところを痴漢に間違われ現行犯逮捕されてしまった金子徹平。連行された警察署で容疑を否認すると、そのまま拘留される。その後も一貫して無実を主張するものの、結局は起訴される事に。徹平の無実を信じる母や友人・達雄の依頼でベテランの荒川、新米の須藤の二人の弁護士が徹平の弁護を引き受け、いよいよ裁判が始まる…

キャスト・スタッフ
監督 周防正行
音楽 周防義和
脚本 周防正行
加瀬亮(金子徹平)
瀬戸朝香(須藤莉子)
山本耕史(斉藤達雄)
もたいまさこ(金子豊子)
田中哲司(浜田明)
光石研(佐田満)
尾美としのり(新崎孝三)
大森南朋(山田好二)
鈴木蘭々(土井陽子)
唯野未歩子(市村美津子)
柳生みゆ(古川俊子)
野間口徹(小倉繁)
山本浩司(北尾哲)
正名僕蔵(大森光明)
益岡徹(田村精一郎)
北見敏之(宮本孝)
田山涼成(和田精二)
石井洋祐(平山敬三)
大和田伸也(広安敏夫)
田口浩正(月田一郎)
徳井優(西村青児)
清水美砂(佐田清子)
本田博太郎(三井秀男)
竹中直人(青木富夫)
小日向文世(室山省吾)
高橋長英(板谷得治)
役所広司(荒川正義)



banner_02.gif←1日1クリックの応援を、お願いします。<(_ _)>
posted by きら at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画情報>さ行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。