2008年12月12日

ハンニバルライジング

ハンニバル・ライジング 完全版 プレミアム・エディションベストセラー作家トマス・ハリスの生み出した“世界で最もインテリジェントなシリアルキラー”ハンニバル・レクターの過去に迫るシリーズ最新作。

あらすじ:1944年リトアニア。名門家に生まれたハンニバル・レクターは、幼少時にドイツ軍の爆撃により両親を失い、幼い妹とともに山小屋でひっそりと身を隠すように暮らしていた。そこへ、脱走兵のグルータスらがやって来た。グルータスらは、ハンニバルとその妹がいる山小屋を乗っ取り、ハンニバルとハンニバルの妹を監禁する。終戦後、ハンニバルだけが孤児院へ送られるが、そこはかつてのレクター家の古城、難なく脱走に成功。長旅の末、パリの叔父を訪ねた彼を迎えてくれたのは、美しい日本女性レディ・ムラサキだった…

キャスト・スタッフ
監督 ピーター・ウェーバー
製作総指揮 ジェームズ・クレイトン 、ダンカン・リード
原作 トマス・ハリス
音楽 アイラン・エシュケリ 、梅林茂
脚本 トマス・ハリス
ギャスパー・ウリエル(ハンニバル・レクター)
コン・リー(レディ・ムラサキ)
リス・エヴァンス(グルータス)
ケヴィン・マクキッド(コルナス)
スティーヴン・ウォーターズ(ミルコ)
リチャード・ブレイク(ドートリッヒ)
ドミニク・ウェスト(ポピール警視)
チャールズ・マックイグノン(肉屋のポール)
アーロン・トーマス(ハンニバル(子供時代))
ヘレナ・リア・タコヴシュカ(ミーシャ)



banner_02.gif←1日1クリックの応援を、お願いします。<(_ _)>
posted by きら at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画情報>は行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。